消費者金融に延滞をしたときにはどうなるのか

消費者金融の上手な借り方とは

> 消費者金融に延滞をしたときにはどうなるのか

消費者金融に延滞をしたときにはどうなるのか

消費者金融からお金を借りれば、毎月返済を続けていくことが必要となってきます。
しかし、返済ができなくなってしまうこともあるでしょう。
このように延滞をしたときにはどうなるのでしょうか。

延滞した場合には、まず遅延金利が適用されます。
遅延金利は通常の金利よりも高く設定されていること多いですから、
延滞することによって支払わなければならない
利息の金額は大きくなると考えておくべきでしょう。

一括返済を迫られる場合も

例えば、ある大手の消費者金融では、契約している金利とは関係なく、
延滞した場合には遅延金利として20%の金利が適用されます。
利息制限法で言うところの上限金利が適用されるのです。

更に延滞をした場合には、消費者金融から督促の電話がかかってくるでしょう。
そして、返済できるのかどうかを確認されることになります。

それで返済ができれば良いのですが、そうではない場合も多いでしょう。
この場合には、何らかの方法で返済できるような交渉を行わなければなりません。
一定期間返済をしなかった場合には、
消費者金融から一括返済を迫られることになるでしょう。

最悪の場合、自己破産も

それでも返済をしなかった場合には、ローンの債権は消費者金融から
回収会社へと引き渡されることになります。

そして、回収会社から連絡が来ることになるでしょう。
その中で現実的にどのようにして返済していくのかを相談することになります。
もしも現実的なプランがない場合、最終的に返済できなくなる可能性がありますから、
そのときには自己破産などの債務整理の手続きを行うことが必要となります。
最悪は自己破産だと考えておくべきです。

このように、消費者金融からかりて延滞した場合には様々な対処をとられます。
これらの対応については消費者金融との契約書にも書かれているはずです。
大まかに言えば、延滞すれば不利になると言うことです。
ですから、消費者金融から借りるときには、
返済できる事を確認した上で借入を行う必要があるのです。

メイン メニュー

COPYRIGHT© 2013 消費者金融の上手な借り方とは ALL RIGHTS RESERVED.