他の金融機関と消費者金融の金利比較

消費者金融の上手な借り方とは

> 他の金融機関と消費者金融の金利比較

他の金融機関と消費者金融の金利比較

消費者金融の金利は、
2010年に施行された改正貸金業法によって上限が定められています。

具体的には
・10万円未満の借入額に対しては年20%、
・10万円以上100万円未満の借り入れに対しては18%、
・100万円以上の借り入れには15%まで

となっています。

これは上限ですので、実際の金利については各消費者金融が任意に設定していますが、
基本的にはこの利率に近いものになっています。

消費者金融の金利は高め

消費者金融の金利と他の金融機関を比較すると、
最も低金利なのは、やはり銀行のカードローンやキャッシングです。

銀行では豊富な資金力をバックに、小額の借り入れでも利息を抑えることができますので、
利息だけで選ぶのであれば最も便利です。
ただし、審査基準は厳しくなっていますので、やはり職業や勤続年数、年齢などで
支払い能力がある人でなければ融資を受けるのは難しいでしょう。

クレジットカードのキャッシングを行っている、信販系の利息は、
銀行と消費者金融の中間に位置していることが多いです。
一度キャッシング機能のついたカードを発行してもらえば、
別の審査を受けなくても借り入れができて便利ですが、
ショッピングとキャッシングの合計額で利用可能枠を決められていますので、
たくさん買物をしているときにはあまりキャッシングとして利用できません。

なお、他の金融機関と比較すると金利の面では劣勢に感じられる消費者金融ですが、
一定期間無利息キャンペーンを行っているところもありますし、
銀行の傘下になっている消費者金融では、銀行のローンに近い、
低い利率を実現しているところもあります。

メリットも多くある

また、消費者金融は金利面でこそ他の金融機関に穴をあけられていますが、
審査スピードが早いので即日融資も可能であったり、銀行に比べると審査が
比較的柔軟で甘いので審査に通りやすかったり、コンビニなど利用可能な提携ATMの多さなど、消費者金融にしかないメリットもたくさん持っています。
金利に関しても以前に比べれば金利が下がっていますので、小口融資などちょっとお金がたりない時にすぐにお金を準備できるのでとても便利です。

短期間の借り入れをする時には、それぞれの特徴を良く知った上で、
自分にあった金融機関を選ぶようにしましょう。

メイン メニュー

COPYRIGHT© 2013 消費者金融の上手な借り方とは ALL RIGHTS RESERVED.